僕が痩せたらあの子はどんな顔をするだろう

チンアナゴのようにスリムになれたら。古今東西のあらゆる身体作りの話題について面白おかしく取り上げていきます。たまに日々の出来事もつらつらと

PayPayを使ってみた感想と注意すべき点

PayPay祭りが今日4日から始まっている。その名も100億円還元キャンペーン!! PayPayを使用して支払いを行うと20%ポイント還元ということだ。何と大判振る舞いな企画であろうか。

 

paypay.ne.jp

 

PayPayを使用できる店舗は限られているがビックカメラやファミリーマートで使用ができる。この二つは日常的に使用しているので(ヨドバシ派だったが)これらの支払いが常に20%引きと考えるととんでもないことである。早速アプリをダウンロードして試してみた。

 

PayPayを使用してみた感想

結論から言うと、、めっちゃ便利!まずユーザーインターフェースがかなり使いやすい。直感的に入金はどうすればいいのか、支払いはどうすればいいのかがわかりやすい。

 

トップ画面はこんな感じ。(すでに購入した画面)

f:id:karl-body-making:20181204235746j:plain

 

やり方は簡単で、クレジットカードを登録して支払いの際にレジで「ペイペイで」と申告し払うだけ。非常にシンプルである。

というわけで近所のビックカメラに行き、購入してみた。お目当てのものはFitbit Charge 3という先月発売されたスマートウォッチである。

 

 

ビックカメラのネット取り置きサービスを使用して、時計コーナーのフロアに向かったのだが、なんとレジは長蛇の列。そのフロアはゲームエリアもあったため、プレステ4や任天堂スイッチなど、ここぞとばかりに購入している人が多かった。全員がスマホを持ってPayPayの支払いを待っていたため、「支払いはPayPayで」とお願いしても 「何を言ってるのだこいつは」と訝しげられる不安は払拭された。レジで並ぶこと15分、ようやく自分の番がやってきた。

 

「PayPayでお願いします。」と告げたところ、カウンターに貼ってあるQRコードを読み取って支払いお願いしますと言われた。QRを読み取ったところ、金額を入れるページになったので、レジの金額を見ながら店員と確認しながら”手動入力”を行った。どうりで時間がかかるはずである。もし間違って払ったらどうなるのであろうかと好奇心を隠せなかったが、正しい数字を入力して支払いを行った。拍子抜けするほど簡単であった。

 

購入後はポイントの付与が予定されていることが表示され、そのわかりやすさにも感心した。

f:id:karl-body-making:20181205002113j:plain

 

これで20%還元+ビックカメラポイント8%+クレジットカードポイント約1%で、30%程の還元率を叩き出した。これは流石に無視できない金額であろう。家電を買う際は絶対にビックカメラにしようと心に誓ったのであった。(ヨドバシ、ごめん)

 

1点気をつけること

上記の通り、今の時点ではUIの使いやすさ、還元率の素晴らしさを考慮すると文句の付け所がないが、今後使ってみようという方の為に1点注意して頂きたいのは、

 

「クレジットカードを登録すれば銀行口座の登録は(必要ないならば)しなくても良い」ことである。

 

最初アプリをダウンロードした後、クレジットカードを登録し、そのカードからアプリ内ウォレットに金額をチャージするのかと思っていた。(左上の残高にチャージのところ)

f:id:karl-body-making:20181205002744j:plain

 

しかし、いざチャージを行おうとした際、「Yahoo IDを紐づけることで銀行口座登録をお願いします」というメッセージが出た。口座登録を行うことでクレジットカードからお金をチャージできるようになるのかなとYahooにログインし、Yahoo内にて銀行口座登録して、PayPayにチャージを行った。金額は反映されたのだが、「あれ、これってクレジットカードから引き下ろされてなくね?」と気づいたのであった。。。

 

当初調べたところ、PayPayのクレジットカードの支払い処理も各社カード会社の規定に沿ってポイントも付与されるということだったのでそれを期待していたのだが、チャージしたことにより、クレジットカードを経由しない(=直で銀行から引き落とされる)というプロセスを踏んだ為、その目論見は儚くも散ったのであった。

 

どうやらウォレットの金額が不足していた場合、クレジットカードから引き落とされるということである。つまり、「カードのポイントも欲しければチャージはする必要がない」のである。(支払いの際にクレジットカードを選ぶことができるので、カードで払いたい人はそちらを選択すれば問題ない)

 

f:id:karl-body-making:20181205003744j:plain

 

というように最初の導入部分で注意すべき点はあるが、それ以外は不満がないアプリである。今後使える店舗の増加には期待したいところであるが、ビックカメラで使える以上、スマホや家電、ゲームなど幅広くニーズに対応しているので今後ワクワクしながら買い物ができそうである。

個人的にはキャッシュレスの生活を好んでしているので、このキャンペーンで電子決済が広まるのを願うばかりである。