読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が痩せたらあの子はどんな顔をするだろう

チンアナゴのようにスリムになれたら。古今東西のあらゆる身体作りの話題について面白おかしく取り上げていきます。たまに日々の出来事もつらつらと

2ヵ月3週間で18kg痩せた話

15kg痩せたらあの子はどんな顔をするだろう。その表情を見るために8月1日からダイエットに勤しんできたが、ついに目標を達成する日が来た。

 

結果としては、15kg痩せるのは10月9日で達成してしまった。2ヵ月と9日で15kg減である。その後もダイエットを続けた結果、10月23日時点で18kgの減量に成功した。

 

ビフォーアフター

f:id:karl-body-making:20161103170314j:image

 

減量開始時:88.6kg

減量終了時:70.6kg

 

身体だけの写真だと若干わかりにくいが、自分でも驚くほどの程の結果を残すことができた。顔は本当に別人レベルで痩せてしまった。

急激に痩せたので2ヵ月ぶりに会った友人には病気を疑われることも多々あった。

 

以下は体重の推移である。

f:id:karl-body-making:20161103153221j:plain

10月はチートデーを10月2日に行っただけで、あとは食事制限と運動で気合で落とした。体脂肪も25%程から11%まで落ちた。

 

本来ならば目標達成時に投稿すべきだったが、減量を終えて少しバタバタしたので遅れてしまったことをお詫びしたい。

 

78kg時

f:id:karl-body-making:20160916233651j:plain

 

70.6kg時

f:id:karl-body-making:20161103154001j:plain

 

どうやって痩せたか

減量方法は、一貫としてケトジェニックダイエットである。

炭水化物を一日20g程に抑え、ウェイトトレーニングを週5~6で行う。筋肉を落とさないために摂取カロリーは一日2500~3000はしっかり摂り、タンパク質は体重の2倍を意識する。1日3食必ず食べ、お腹が空いたときに間食でタンパク質を摂っていた。

 

10月は有酸素運動も取り入れ、体重を落としていった。

有酸素運動は10月まではほとんど取り入れなかったが、体脂肪が15%を切ってからは徐々に行うようにした。ジムでバイク、ランニング、トレッドミルの傾斜MAXで早歩きなど。

有酸素は同時に筋肉も落ちてしまうので最後の手段であり、適度に痩せたいならば食事制限とウェイトトレーニングのみで十分だと実感した。(体脂肪が15%を切って無理やり体重を落としたい時に有酸素は有効)

 

正直、この3ヵ月はそこまで辛くもなかった。ケトジェニックダイエットならば毎食お腹いっぱい食べられるし、(すぐお腹は空くけれど)純粋にウェイトトレーニングは気分転換になった。日に日に変わっていく見た目のおかげでモチベーションを保つことができた。

 

しかし、やはり炭水化物は常に食べたいという欲求はあった。(特に甘いもの。チートデー以外は調味料以外の砂糖を一切カットしていた)そんな時は大食いの動画を見ることで食べたいという欲求を抑えていた。人が食べているところを見るだけである程度満足していた。修行か何か?

 

減量中、後のPro and Con

良かったこと

・身体が軽くなった

・顔付きが精悍になり、周りの反応も良くなった

・ダイエットを通じて周りの人たちや、家族との会話が増えた

・すべての食事に感謝するようになり、どんな食べ物もおいしかった。幸せを感じる閾値が異常に下がった。

 

悪かったこと

・体重の数字を重視するあまり、無茶な食事をすることが多かった(めまいが増えた)

・持っている服が全て合わなくなった。ウエストも-18cm減。

・ダイエットに没頭するあまり、付き合いが悪くなった

 

まとめ

以上、結果をお伝えしたが、減量を通して一番実りがあったのは、短期間の間で痩せるという目標のもと、悩みながら試行錯誤して努力し、達成したという成功体験を得ることができたことである。

 

この3ヵ月は人生で一番、自分に嘘をつかなかったと自負できる。人としてのバックボーンの厚みを増すことができたのは何事にも代えがたい経験だと実感した。(身体の厚みはなくなったけれど笑)

 

周りの理解、協力がなければ目標を達成することは無理だったと感じる。人との繋がりの重要性を再認識できたのも素晴らしい経験であった。

 

18kg痩せて脂肪をそぎ落として驚いたのは、人間の筋肉とは自分の思っている量より、はるかに少ないとわかったことだった。脂肪がついていたころは自分はマッチョだと思っていたが、ただのデブだったのだ。なんて薄っぺらい身体なんだと絶望したが、今後の楽しみも感じた。

痩せる方法を知ったということは、逆に太る方法も熟知したことになる。コインの裏表のようなものだ。筋肉を極力落とさず痩せることに注力した経験は、なるべく脂肪をつけずに筋肉を付ける方法を知ったと同じである。

 

今後の予定

今後は体重を一旦戻し、78~79kgあたりをキープして筋肉を付けていきたい。その方法としては、

 

・炭水化物は計算して食べる。特にトレーニング前、中、後は適度に摂るようにする。夕食で炭水化物の量は調整する。

・体重は毎日測って記録する。

・トレーニングは週3~4は確保する。ウェイトトレーニングのみを行い、有酸素はやらない。(減量で一番つらかったのは有酸素だった)

 

さて、目標を達成した今、あの子はどんな顔をするだろうか。

18kg痩せたよ!と報告したところ、

 

「顔つきがギラギラしてるし、黒くなってるしなんか怖い」

 

と、怯えられた。人生とはそんなもんであると儚さも同時に知ることができた。私の努力はなんだったのだろうか。

しかし、「かっこよくなったし、有言実行したから、人として尊敬するよ」とフォローもあったので良し!

 

10月23日、減量を終了し、その後は食べたいものを好きなだけ食べた。ラーメン、カレー、ピザ、ビール、コーラ、ポテチ、チョコ。まるで餓鬼道に落ちてしまったかのように全身全霊をもって片っ端から食べていった。

 

その結果、

f:id:karl-body-making:20161103162513j:plain

 

2日で7.4kg増えた。

人間の身体とは本当に不思議なものである。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ